「第23回日本亜鉛栄養治療研究会学術集会」のお知らせ

「第23回日本亜鉛栄養治療研究会学術集会」についてご案内いたします。日本亜鉛栄養治療研究会は、コロナ禍においても継続的な学術交流の機会を提供しています。学術的な活動が制限される昨今において、異分野交流と学術的な刺激を受ける絶好の機会です。ぜひ、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【学会様式】Zoomによるオンライン開催
【開催日時】2022年2月5日(土)
【参加登録費】無料 ※参加登録は12月中旬の予定

【内容】
会長推薦講演
白木賢太郎 先生(筑波大学数理物質系 教授)
「相分離生物学」

特別講演 基礎領域
熊谷嘉人 先生(筑波大学医学医療系環境生物学研究室 教授)
「見落とされてきた神経成長抑制因子(GIF/MT3)の生化学
 ――サルフェン硫黄で制御される亜鉛結合タンパク質の新展開」

特別講演 臨床領域1
法水 淳 先生(大阪労災病院消化器内科 肝臓内科 部長)
「亜鉛の基礎研究から臨床応用への軌跡
 ――亜鉛製剤登場から6 年間の実績」

特別講演 臨床領域2
脇野 修 先生(徳島大学大学院医師薬学研究部 肝臓内科学分野 教授)
「腎不全における亜鉛欠乏症」

緊急報告(基礎領域)
石原誠一郎 先生(北海道大学大学院先端生命科学研究院 助教)
「膵臓がんにおける圧縮ストレスと亜鉛(仮)」

緊急報告(臨床領域)
徳光亜矢先生(北海道療育園小児科)
「COVID-19の症状と罹患前血清亜鉛値」

一般演題
ポスターセッション

コメントは受け付けていません。