「プラズマ分光分析研究会 第113回講演会」のお知らせ

日本微量元素学会協賛の講演会をお知らせいたします。
「品質管理等のルーチン分析から最先端の研究開発を支える分析化学の底力」がテーマとなっております。ぜひ、講演会のホームページよりお申込いただき、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【学会様式】会場とオンライン
【開催日時】令和3年10月15日(金)10時00分~16時50分
【参加登録費】会員 1,000円,非会員 3,000円,学生会員 1,000円,学生非会員 2,000円

【内容】
1.舛田 哲也
「原子スペクトル分析法入門(プラズマ分光分析法の基礎)」
2.藤森 英治(環境省環境調査研修所)
「正しく測るためのコツと注意点(定量分析のおさえどころ)」

■ミニポスターセッション(企業における分析化学の役割&若手研究PRフェスティバル)

3.豊田 太郎、森田 雅宗、東海林 敦(生体膜デザインコンファレンス実行委員)
「生体膜デザインが拓くバイオ分析科学」
4.大下 浩司(吉備国際大学)
「分光分析および画像観察による油彩画の非破壊・非接触科学調査」
5.浅野 比(山口東京理科大学)
「紙を使った分析デバイスの潮流」

申し込みページ
(※近日中に開設予定です)

コメントは受け付けていません。