施行細則

第1条(会費・入会金)

  1. 本会会員の年会費および入会金は次の通りとする。
    役員・代議員年額 10,000円
    正会員年額 5,000円
    賛助会員一口年額 50,000円
  2. 入会金は徴さない。
    既納会費は理由の如何を問わず返却しない。

第2条(学術集会発表)

学術集会で発表する者は正会員、学生会員でなければならない。共同発表者についてはこの限りではない。

第3条(学術集会参加費)

会長は理事会の承認を経て、当該学術集会の参加費を徴収できる。

第4条(理事、監事、幹事及び代議員の選出)

  1. 理事、監事の選出
    理事、監事の選出については、役員選出規程に定める。
  2. 代議員の選出
    ア)代議員は新代議員候補者を推薦することができる。候補者の資格は、満70歳未満の会員歴3年以上の会員とする。理事長推薦による代議員は、この限りではない。
    イ)新代議員候補者の推薦をするときには、定時総会が開催される日の3ヶ月前までに所定の方法にて理事長まで提出するものとする。
    ウ)理事会は、被推薦者の会員歴、研究歴及び研究実績などをもとに新代議員候補者を選定する。
    エ)理事会で選定された新代議員候補者について、総会において出席者の過半数の賛成をもって新代議員に選定する。
    オ)代議員の再任は妨げない。ただし、4年間(2期)の間に一度も当会主催の学会あるいは学術誌にて発表等がない場合は、再任されないものとする。
  3. 理事長は学会運営の円滑を図るために正会員の中から幹事若干名を委嘱することができる。幹事の任期は、委嘱を行った理事長の任期と同一とする。

第5条(名誉会員選考基準)

定款第7条に定める名誉会員の被選考対象者は、選考年度内に満70歳以上で次の各項目のいずれかに該当するものとする。名誉会員の選考は、理事会の議を経て、総会の承認を得るものとする。

  1. 会員を名誉会員として選考する場合
    イ)理事長、理事、監事または会長経験者のうち、学会賞ならびにこれに準ずる賞の受賞者
    ロ)本会の理事または監事として多年にわたり、本会の発展に功績のあった者
  2. 非会員を名誉会員として選考する場合
    イ)学会賞と同等以上の賞の受賞者
    ロ)本会の発展に特に貢献した者

令和3年4月20日 作成
令和3年8月1日 施行
令和3年10月29日 改定

コメントは受け付けていません。